· 

毎日がドラマチック。出来事をダイレクトに体験する方法

 

 

平凡で全く同じ日の繰り返しのように思えても、同じ日は決してありません。毎日、新しい体験のはずです。

日々の出来事を、ダイレクトに体験するとは?

スピリチュアルの世界では、Wake upやAwarenessといった言葉がよく使われます。そして、私たちの生活を「まるでSleep Walkerのようだ」と、体験を実感出来ない夢遊病者に例えたりします。心理学ではオートパイロットとよく呼びます。

 

意識が目覚めれば、日々の出来事を、ダイレクトに体験する事が出来るようになるそうです。一体全体、ダイレクトな体験って何でしょうか?

 

ダイレクト体験を得るには、偏見や思い込みを捨てる訓練を繰り返す

Zen Habitsにダイレクトな体験に関する記事が載っています。タイトルは「The Everyday Mindfulness Practice of Direct Experience」です。

 

もともとマインドフルネスとは、座禅をする事ではなく、日常を意識して生きるのが目的ですから、スピリチュアルのWake Upと同じ事を言っています。もちろん、スピリチュアルはこの後に、宇宙とチャネリングとかサファイア等の石の波動パワーを感じるといった怪しい方向に向かってしまうのが常ですが。

 

人間には五感があります。五感で出来事を体験します。これらは五感をフルに使って体験できるはずなのに、通常は、 字幕付きの映画を見ているようだ、と記事では言っています。

 

それは何故か?私たちには、出来事を出来事のまま理解せず、良い/悪いといった判断で物事を見ているからです。それが、物事を映画のようにとらえ、字幕となった自分の判断を必死に読んでいたりします。

 

それが悩みの原因となったりします。字幕は正しいか第三者がチェックしてくれますが、この字幕は自分の偏見がそのまま表れていたりします。必ずしも正しいとは限りません。

 

記事ではダイレクトに体験する方法を紹介しています。本当にざっくりと言うと、

五感をそのまま意識する。偏見やラベリングを捨て、まさに体験だけをする。これを何度も何度も繰り返す。体験に対しては身構えずにリラックスして受け止める。悪い事だと思って解釈を変えようとせず、関心を寄せる

記事の抄訳です

 

これはもう、ブッダの教えの王道と言えば王道で、小細工なしのシンプルな方法ですので、習得するには時間がかかりそうです。

 

 


つまらない人生が、一変するかも

今日は、ダイレクトな体験について紹介しました。

 

毎日何となく生きている気がする、つまらない人生だ、と感じている人、今の生き方に不満を持っている人は、ダイレクトな体験を得られるよう、挑戦してみてください。挑戦するだけでも、何かが変わる気がします。

 

特別なイベントが無い平凡な生き方でも、恐ろしく刺激に満ちた感動を味わえるかもしれません。

 

オートパイロットに興味があるなら、これもおススメ

関連記事:毎日の充実は、まず「オートパイロットモード」を抜け出す事から。エクスペリメントで1日を大切にする暮らし方

関連記事:普段の暮らしの中でも、生きる楽しさと心が躍る喜びを!

【毎日をウェルビーイングに!】

ウェルビーイングとは、「心と体に社会との絆、全てが良い状態」です。

 

みんなの生活がウェルビーイングになるよう、「まず自分から」始められる情報を提供しています。

電子書籍をご購入ください!

脱・専業サラリーマン: 消えゆく日本型サラリーマンに今こそ決別!シリコンバレーの先端思想と昔ながらのナリワイの知恵を結ぶワークスタイル変革 

三木章義 (著)

 

 これから複業サラリーマンを目指そうとする方、興味がある方に向けて、起業の体験本を書きました。平凡なサラリーマンがふと起業したくなり、仲間を集って会社を作るまでの物語です。