· 

大昔の日本人は、どう世界をとらえたか?空間編その2

 

英語のWEST、日本語ではなぜ西(にし)と呼ぶのでしょうか?

語源には、その民族の考え方が色濃く反映される

 

語源には、その民族の考え方が色濃く反映されています。

 

言葉の意味を遡って知ると、どんな考え方をする民族なのかが分かり、お互いを理解しあう手助けにもなります。

 

今回は、日本人の方向/方角ほうがくに関する語源の2回目として、西を紹介します。

 

西は、去っていく太陽

印欧語系では、西の表現は3種類に分かれるそうです。

  1. 「太陽の沈む方向」「夕方」とする把え方
  2. 東を「前面」とするものの逆として、「後」と把える仕方
  3. 風による名づけ(「西風」)

日本語の西は、1.のようです。

日本語のニシは「去方イニシ」の約であろう。イニはヌという動詞の名詞形で、シは方向を示すので、「日没の方向」の意で西を把えた語であり、沖縄でイリ(入)というのも同じ把え方と考えられる。 

また、昔はヒノヨコという単語もあったそうです。

ヨコ(横)と言う名詞は、ヨク(避)という動詞の語根であり、ヨコシマ、ヨコス(讒言)、ヨコナマルなどの語にみられるように、正しい筋を外していく意を持つ。つまりヒノヨコとは、太陽が運行の道をはずして去ることである。

すべて、大野晋「日本語をさかのぼる」から引用

 

前回紹介した東と同様に、西も太陽と関係がありました。ただし文をよく読むと、東は断言していたのに、西は「~であろう。」となっています。もしかしたら、確定した説では無いのかもしれません。印欧語は語源がはっきりしているのに、本当に対照的です。

 

「西」も太陽に関係があったが、ヒの音は入らない

 今日は、日本人の方向に関する認識を考えるための2回目として、「西」をとりあげました。

 

東が「ヒンガシ」なら、西は「ヒニシ」だろ、という気がしつつも、話す時に、同じ「ヒ」から始まると紛らわしいのでご先祖様は避けたのかな、とも思いました。 

 

これで「東西」は終わったので、次回以降は、南北を紹介します。

 

語源に興味があるなら、これもおススメ!

関連記事:大昔の日本人は、どう世界をとらえたか?空間編ラスト

関連記事:大昔の日本人は、どう世界をとらえたか?空間編その1

関連記事:歌(ウタ)の語源は

関連記事:漢字が違っても実は同じ語源

関連記事:多様な言葉も、遡れば単純な語へ辿り着く

 

今日紹介した本です

【ABOUT ME】

埼玉県在住、複業サラリーマン

 

みんなの毎日をウェルビーイングにする目標に向かって活動中。詳しくはこちら

ツィーターでフォローをお願いします!

電子書籍をご購入ください!

脱・専業サラリーマン: 消えゆく日本型サラリーマンに今こそ決別!シリコンバレーの先端思想と昔ながらのナリワイの知恵を結ぶワークスタイル変革 

三木章義 (著)

 

 これから複業サラリーマンを目指そうとする方、興味がある方に向けて、起業の体験本を書きました。平凡なサラリーマンがふと起業したくなり、仲間を集って会社を作るまでの物語です。