· 

このファンクサウンドに体が動かないならそれは感覚麻痺かも?

 

Mothership Connection

Parliament パーラメント

follow us in feedly

やっと発売されたJames Brownのパリライブでベースを弾いていたBootsyがJames BrownのバンドJB'Sを辞めて次に入ったのがこのParliamentです。リーダーは変人Goerge Clintonです。James Brown、Sly Stoneに続くFunk三代目とも呼ばれ、凝りに凝ったギミックです。

 

実は殆ど同じメンバーでFunkadelicというバンドも作っていて同時並行でレコードをリリースしていました。なんだかすごくパワーの有る人たちです。FunkadelicとParliamentの違いは聴いてても良く分かりません。名前を分けたのは、もしかして単純にレコード会社との契約問題だけだったのかも知れません。

 

このアルバムは同じファンクでもJames Brownの様にボーカルが熱くならないしワンフレーズで畳み掛けるような迫力にもやや欠けます。最初に聴いたときは正直ちょっと物足りなさを感じました。なんかクールな感じです。一応テーマはEarth Wind and Fire並みの壮大なスペースファンタジーのはずなのに、裏ジャケでは路地裏に張りボテのUFOが着陸している、意図してそういう絵を載せているのも、冷めた視点というのを強調している気がします。慣れるとこのクールさが病み付きに。。

 

とは言えやはり元JB'S、ジワジワ盛り上がり「UFOに乗せてー」という所でピークになる2曲目のMothership Connection (Star Child)や分厚いコーラスが特長的なGive Up The Funk (Tear The Roof Off The Sucker)ではファンクの血が熱く騒ぐ曲になっています。

 

ファンクに興味があるなら、これもおススメ!

関連記事:昨日見たUFOが降りてくる夢の話なんですけど

関連記事:走り出したら止まらないベース

関連記事:エッチの時に流す音楽をファンクかと思ってた黒人音楽ファンはセックス・マシーンだからがその理由

関連記事:50年経っても変わらないアメリカ黒人の社会事情と絶望感

 

【ABOUT ME】

埼玉県在住、仲間とビズフォリオを経営している複業サラリーマン

 

みんなが、自分らしい生き方/働き方を実現できるよう、ウェルビーイング、ライフデザイン、複業、SDGsをテーマに活動中。 詳しくはこちら

ツィーターでフォローをお願いします!

電子書籍をご購入ください!

ビズフォリオ流ライフデザイン・ガイドブック:7つのステップで、自分らしく生きる方法

三木章義 (著)

 

ライフデザインの手法を学び、7つのステップにそって自分の手を動かして自分の人生をデザインし、目標の人生を手に入れます。

 

脱・専業サラリーマン: 消えゆく日本型サラリーマンに今こそ決別!シリコンバレーの先端思想と昔ながらのナリワイの知恵を結ぶワークスタイル変革 

三木章義 (著)

 

 これから複業サラリーマンを目指そうとする方、興味がある方に向けて、起業の体験本を書きました。平凡なサラリーマンがふと起業したくなり、仲間を集って会社を作るまでの物語です。