· 

ロックギターのソロ、それはクラプトンから始まった!

 【ライブアルバム紹介】

E. C. Was Here

ERIC CLAPTON エリック・クラプトン

今のロックのギターソロを最初に考えたのはEric Claptonだと思います。それまで、ロックのギターソロと言えば、Chuck Berry風やChet Atkins風でした。初期のBeatlesを聴けば、どんな感じか分かると思います。それをB.B. KingやFreddie KingなどをベースにしたソロスタイルをClaptonが持ち込み、以降はほぼClaptonが創ったスタイルになりました。もちろん、Beatlesも。

 

もう有名すぎて今更ですが、Ericはそれまでのブルースロックのスタイルを捨てて、レイドバック(南部風)の音になりました。このアルバムは、変わったEricが最初に発売したライブアルバムです。

 

1曲目のスローブルース、Have You Ever Loved A Womanは、Drek and the Dominosとは異なったアレンジで随分リラックスした雰囲気です。George Terryとのダブルギターですが、実は聴いているとどっちがどっちが良く分かりません ^ ^;

 

2曲目は、短命に終わったBlind Faithの曲、Presence Of The Lordです。ポップです。パンチの効いたソウルフルな女性ボーカルとのデュエットも良い雰囲気で、とても合っています。間奏は一転してテンポが速くなりギターソロとなりますが、また元のテンポに戻ったデュエットで終わります。Everybody knows the secret。つい一緒にデュエットしたくなる、名曲です。

 

3曲目はDriftin' Blues。ミディアムテンポのブルースで、アコースティックギターのソロも入ります。後半は何故かRamblin' On My Mindになります。続いて、4曲目は、またまたBlind FaithでCan't Find My Way Home。また女性ボーカルとのデュエットで、明るく良く出来たポップスに仕上がっています。

 

5曲目は、スローブルースのRamblin' On My Mind。こうして聴いてみると、Cream時代にはWoman Toneと呼ばれたギターの音が随分と変わってきた事が分かります。あまり歪まないナチュラル・ディストーションでとてもキレイな音です。ちょっとドライブが足りなくて不満足という人もいるでしょうね。

 

クロージングは、アップテンポのご機嫌なFurther On Up The Roadです。これは、Mike Bloomfieldもライブでやっていました。米英名手のソロを聴き比べてみるのも楽しそうです。流暢なギターソロが続いたところで、コンサートは終了です。