· 

梅雨の季節に聴きたい、雨の曲 その3 ソウル編

 

雨に関係する曲を紹介します。最終回は、雨に関係するソウルの名曲です。

 ムシムシ、ジメジメした梅雨の季節、少しでも気分を盛り上げるため、雨に関連する素敵な曲を紹介しています。

 

今回は、タイトルに雨がついている、ソウルの曲を紹介します。結構雨に関する曲は多く、一旦この辺で止めて、残りはまた来年紹介します!

 

Time Is On My Side 

Irma Thomas アーマ・トーマス

 

まず最初は、It's Raining。Irma Thomasは、ロックファンには、ストーンズがカバーしたTime Is On My Sideが最も有名です。オールディーズ・ソウルのこの曲も負けず劣らず良い曲です。可愛らしくボーカルが特徴で、ところどころハスキーになるのがグッドです。

 

Gold

The Temptations  ザ・テンプテーションズ

 

次は I Wish It Would Rain。超有名なモータウンのグループ、テンプテーションズの代表曲の1つです。邦題は「雨に願いを」。David Ruffinのハードでハスキーなボーカルも決まっており、ロマンチックな曲調やコーラスとの対比が鮮やかです。

 

What A Diff'rence A Day Makes

Esther Phillips エスター・フィリップス

 

最後はI Can Stand A Little Rain。I Can't Stand The Rainのアンサーソングで Joe Cockerで有名です。蛇ジャケのヒットアルバムWhat A Diff'rence A Day Makesに入っています。Estherのバージョンは、サウンドはディスコっぽくなっていても、相変わらずソウルフルな歌声を聴かせてくれます。

 

   

【ABOUT ME】

埼玉県在住、複業サラリーマン

 

みんなの毎日をウェルビーイングにする目標を目指して活動中。詳しくはこちら

ツィーターでフォローをお願いします!

電子書籍をご購入ください!

脱・専業サラリーマン: 消えゆく日本型サラリーマンに今こそ決別!シリコンバレーの先端思想と昔ながらのナリワイの知恵を結ぶワークスタイル変革 

三木章義 (著)

 

 これから複業サラリーマンを目指そうとする方、興味がある方に向けて、起業の体験本を書きました。平凡なサラリーマンがふと起業したくなり、仲間を集って会社を作るまでの物語です。