· 

「血管力」がキー!走力を高める方法

RUNNING STYLEの2017年11月号に、「走力は”血管力”で決まる!」という記事がありました。

 

血管力をたくましくすることがパフォーマンスを上げるそうです。血管力とは何か?どうやって鍛えるのか? 簡単に紹介します。

ランニング・ライフ

ランニングと血管力は、スパイラルな関係

血管の99%を占めるのは、赤血球1個がやっと通れる太さの毛細血管だそうです。静脈と動脈とをつなぎ、動脈と静脈とが栄養素、酸素、二酸化炭素、老廃物などを交換する時の橋渡しをします。毛細血管が多く、毛細血管力が高いと、新鮮な酸素や栄養を身体に供給でき、スタミナやリカバリースピードが高まります。

 

毛細血管の量を増やし、機能を高めるのに最も効果的なのがランニングです。その中でもスロージョグが最も有効です。

 

ランニングをすれば毛細血管力が高くなり、毛細血管力が高くなれば走力がアップし、走力がアップすれば毛細血管力がさらに高くなり、と言う具合に、スパイラルな効果が期待できます。

 

血管力を増やすには、NOが重要なカギ

血管力を低下させる要因が、「ドロドロ血液」です。原因としては、①生活習慣病や感染症、②脱水状態による血液の濃縮、③何時間も同じ姿勢をとる事による血液の滞留などがあります。デスクワーク中心の仕事の人は特に注意が必要ですね。

 

悪い生活習慣の改善に加えて、血管力を高めるには2つの方法が有効です。

 

1つは、和温療法です。これは以前のブログで紹介しましたので、そちらを読んでください。

 

関連ブログ:走った後の内臓疲労を回復する方法

 

一酸化窒素(NO)が、血管力を向上させる

ドロドロ血液から血管力を上げるには、血管内での血栓形成を予防し、血栓の溶解などが身体の中で行われる必要があります。それには、一酸化窒素(NO)が重要なカギとなります。

 

一酸化窒素(NO)には血管拡散作用があり、NOが分泌される事で血管が拡張して血行が促進され、上がり過ぎた血圧も低下します。血中のNO量を増やせば血圧上昇による疾病リスクも減らす事が出来ます。

 

また、NOにはプラークが血管内にできるのを防ぐ効果もある事も、重要なカギの理由の1つです。

 

一酸化窒素(NO)を増やすポイント

一酸化窒素(NO)を増やす簡単なチェックリストです。

  • ストレッチを行う
  • 睡眠負債を減らす
  • 精神的なストレスを減らす
  • 過労を避ける
  • 禁煙する
  • 良く笑う(NOの分泌を促すアセチルコリンが放出される)
  • ゆっくり風呂に入る
  • 紫外線を避ける
  • 大気汚染が少ない環境に身を置く
  • 食品添加物を避ける
  • 激し過ぎる運動を避ける
  • 生活のリズムを保つ

どれも、一酸化窒素(NO)を増やすための特別なものは全く無くて、健康的な生活を目指すなら、ごくごく当たり前の項目ですね。これにスロージョグが加われば、十分だと言えます。

 

血管力をアップさせ、ランニング生活を長く楽しむ

今回は、それぞれ関係が深い血管力と走力を上げる方法を紹介しました。

 

記事には、血管力を高める「バスキュラーストレッチ」という最新の血管力アップの方法も載っています。興味があれば、読んでみて下さい。

 

正しい生活習慣を身に付けて、血管力をアップさせ、ランニング生活を長く楽しみましょう!

 

今日紹介した雑誌です