· 

マインドフルネスを知りたい?教えてくれる人はここにも、あそこにも。いつでも居ます!

 

いま、ここで起こっている出来事に、良い、悪いはありません。

未経験者にマインドフルネスを勧めるには?

グーグルのおかげでマインドフルネスがブームになり、今ではその言葉は定着し、単語を知っている人はかなりの数に上ると思います。

 

マインドフルネスは練習が必要です。未経験者にそれを勧めるのに、何を伝えるのが有効でしょうか。その効果でしょうか。その理論でしょうか。あるいはその両方とも不可欠でしょうか。

 

今日は、マインドフルになるための、実践的な方法を紹介します。

 

起こった事は全て良い事、何かを教えてくれる

理論と実践の2つを並べてみると、「マネする」から「学ぶ」となったように、明らかに日本人は実践を重視します。とりあえず真似してみて言われた効果が得られれば、まずはOKという考え方です。効果が実感できれば、初めて理論を学んでみる、という順番です。

 

アメリカでも、プラグマティズムに代表されるようにプラクティカル(実践的)を重視する傾向ながら、なぜそういいう効果が生まれるのか?という基本的でシンプルな理論も大事です。納得感が無いと、なかなか受け入れてもらえません。

 

極端なのが禅です。「座禅にどんな効果が有るのか?」と訊かれて、「無し」と答えたりします。そういう効果を期待する行為は、明確に否定されます。こうなるともう効果も期待せずに、ただ「やる」事が求められます。

 

仏教の考えだったマインドフルネスは、アメリカではまずその効果とシンプルな理論が強調され、広まっていきました。アメリカ的単純さは日本の宗教者には評判が悪いそうです。

 

Zen Habitsの記事「6 Practical Ways to Practice Being Present」は、「いま、ここに」(マインドフルネス)を保つ、6つの実践的な方法を挙げています。この中で、「すべてを先生とみなす」という方法を紹介します。

全てを先生とみなす

もし誰かに対してイラっときたり、仕事にストレスを感じたり、愛する人の健康に対して戸惑ったり悲しく思ったり、国政選挙に不安を覚えたりしたときは、立ち止まってそのような人や状況を先生とみなしましょう。

その時、それらから何を学べますか?そのように感じるのは何が原因でしょうか?そのままなすがままに放っておくのにどんな練習ができますか?このようにして、全ての人や起こった出来事は愛すべき先生です。「いま、ここに」とどまるマインドフルネスへの道を助けてくれます。

記事の抄訳です

 

先に述べた、理論と実践を考えてみると、「全ての困難や人たちなど、起こった事は全て愛すべき教師になる」事がなぜマインドフルネスにつながるのか、良く理解できませんでした。

 

それでも今日紹介したのは、何となく内容がJohn LennonのWhatever gets you thru the nightを思い起こさせるからです。起こった事は全て良い事である、なぜなら物事を教えてくれる教師だから。

 

あと、今の日本人は「教えてくれ」症候群だと思っています。そうではなくて、自分の周りで起こった事、その体験から教訓を得る事が大切だと主張したかったからです。一方的に教えてもらった知識は、所詮その程度です。色々な人生の出来事を後から振り返ると、そう実感する事が歳を重ねるにつれ多くなってきました。


不幸を嘆くより、「その都度学んで成長している」と考えた方がウェルビーイング

今日は、マインドフルネスの実践的な方法を紹介しました。

 

実際に今、悪い事ばかり起きて不安や心配で困っている、と悩んでいる人は、さらにマインドフルネスを取り入れるかどうか、これ以上悩んでも仕方ありません。日本人的に、まずは実践してみてはいかがでしょうか。

 

優しい人、厳しい人など教師も様々です。中には「反面教師」も居るかもしれません。それでも、「自分だけが不幸」と考えるより、「その都度学んで成長している」と考えた方が、ウェルビーイングで健康的な生き方だと思います。

 

マインドフルネスに興味があるなら、これもおススメ

関連記事:毎日がドラマチック。出来事をダイレクトに体験する方法

関連記事:ストレスを減らしたい人へ。「マインドフル」の効果的な練習方法とは?

 

【ABOUT ME】

埼玉県在住、複業サラリーマン

 

みんなの毎日をウェルビーイングにする目標に向かって活動中。詳しくはこちら

ツィーターでフォローをお願いします!

電子書籍をご購入ください!

脱・専業サラリーマン: 消えゆく日本型サラリーマンに今こそ決別!シリコンバレーの先端思想と昔ながらのナリワイの知恵を結ぶワークスタイル変革 

三木章義 (著)

 

 これから複業サラリーマンを目指そうとする方、興味がある方に向けて、起業の体験本を書きました。平凡なサラリーマンがふと起業したくなり、仲間を集って会社を作るまでの物語です。

 

 

【毎日をウェルビーイングに!】

ウェルビーイングとは、「心と体に社会との絆、全てが良い状態」です。

 

みんなの生活がウェルビーイングになるよう、「まず自分から」始められる情報を提供しています。