· 

【Hot Sauce Featuring Rhonda Washington 】無名ながら、1曲目の歌い出しを聴いただけでノックアウト

Good Woman Turning Bad

 

Hot Sauce Featuring Rhonda Washington  ホット・ソース フィーチャリング ロンダ・ワシントン

 

Rohnda Washingtonという全然名前を知らなかった歌手をフィーチャーしたHot Sauceを聴いた時は驚きでした。自分の中の基準では、ソウル歌手はまず声、そして歌いまわし。そのどちらも、このRohndaはずば抜けていました。1曲目の歌い出しを聴いただけで、ノックアウトされお気に入りになりました。

 

1963年に、Rohndaは、セントルイスのドゥーワップグループのEl Torrosに加わりました。パッとせずに1966年にデトロイトに戻ってきて、その後、1971年にWilliam CallwayとGlynton Ashleyとのボーカル・トリオで、Hot Sauceを作ります。

 

その年の8月にレコードデビューします。I'll Kill A Brick(About My Man)とI Can't Win For Losingのカップリングです。I'll Kill A Brick(About My Man)でのRohndaのボーカルをsassy and slightly threatening vocal(生意気で若干脅迫的な声)とライナーノーツは表現しています。

 

その後、二人が抜け、Rohndaのソロ・ボーカルとなって、2枚目のシングルBring It Home(And Give It To Me)をEchoes Of The Pastとのカップリングを発売します。R&Bチャートで35位、Hot 100で96位と健闘します。

 

その後もシングルを数枚発表しますが、チャート的には振るいません。しかも、所属レコード会社のVoltは借金で回らなくなり、予定していたアルバムリリースのキャンセルが相次ぎます。Hot Sauceも結局、アルバムは一度もリリースせずに終わってしまいました。

 

その後の、Rohndaの行方は全く不明です。恐らく、デトロイトのゴスペルシーンに戻ったのではないかとライナーノーツでは書かれています。こんな声を持っているだけで成功が約束されている気がするのに、世の中は本当に不思議です。

 

これもおススメ!

関連記事:パワフルだけど繊細、ソウルフルな歌声

関連記事:男女二人の4人組という独創的なソウルグループ

関連記事:サザンソウル歌手の中でも最も過小評価されている一人

関連記事:ソウルの不倫ソング、名曲聴き比べ

関連記事:ソウルの不倫ソング、名曲聴き比べ(マイナー編)

関連記事:ソウルフルな歌声をありがとう、アレサ

関連記事:ダンス・サウンドの女性ディーバ